So-net無料ブログ作成

知りました

"













"

外国人観光客に何が売れる? インバウンド客をつかむワザ http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150210-01062428-trendy-ind

●外国人目線で対応進めるドンキ ドン・キホーテは店内に掲示するPOPや案内文、店舗周辺のマップなどを多言語で製作。

海外の旅行会社や航空会社、国内のホテルに外国人向けの割引カードを配布するなど、アジアを中心に世界中でドン・キホーテの存在を売り込んできた。

さらに、免税対象が広がった2014年10月からは、周辺の他社店舗でもポイントをためられ、ドン・キホーテの商品券や現金での還元なども受けられるサービスを開始した。

こうした取り組みが奏功して、ドン・キホーテの14年10月の免税品の売り上げは、前年同月の約5.5倍という驚異的な数字を記録した。

 1月末から2月初旬には中国の旧正月に当たる春節を迎え、中華圏からの観光客数がピークを迎える。

昨年は春節に合わせて、同社を中心に新宿エリアの百貨店や量販店7社12店が連携し、ショッピングキャンペーンを開催。

同社の新宿エリアの2店舗の売り上げが、前年同期比4倍になったという。

15年は免税品目の拡大が追い風になるとみて、参加企業を増やすなどキャンペーンの規模を拡大する。

 「割引サービスだけでなく、近隣の店舗間での相互送客や買い回りの提案など、外国人観光客の目線でサービスを展開したことが功を奏した。

普段はライバル同士であっても、外国人観光客相手では手を組めば全員が勝者になれる」(中村氏)。

今後もこうした地域連携に力を入れ、外国人の需要をつかむ考えだ。

遠藤和博の犬のしつけ講座法

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。